地デジのエラーメッセージ「E202」への弊社の対応

 最近、「エラーコード:E202、E201」についてのお問い合わせが多くなっていますので、整理してみました。

 1 表示の仕方

 地上デジタルテレビのエラーメッセージは、ARIB((社)電波産業会)の「地上デジタルテレビジョン放送運用規定(TR-B14)」により、次表のように画面に表示することが決められています

原因画面に表示される
エラーメッセージ例
エラー
コード
対処のしかた
一時的に受信レベルが低下している。
アンテナケーブルやコネクタの接触不良など。
アンテナの向きがあっていない。
信号レベルが低下しています。E201アンテナ線を確認してください。
アンテナの向きを確認してください。
一時的に受信できない。
アンテナケーブルやコネクタの断線など。
信号が受信できません。E202アンテナ線を確認してください。
受信機の設定を確認してください。

 2 各テレビメーカーの取扱説明書の記載

 各テレビメーカー取扱説明書はARIB規定に準拠して、概ね次のように記載されています。

(取扱説明書の記載例)
[エラーコード:E202]
  • アンテナの調整が正しくできているか、アンテナ線は正しく接続されているか
  • 天候などにより、放送電波受信できなくなった場合
  • アンテナの不具合や、向き、アンテナ線の接続に不具合が発生した場合
  • 放送電波が送出されていないチャンネルを受信した場合

[エラーコード:E201]
  • 雨などの影響で衛星からの電波が電波画弱くなり、降雨対応放送に切り換わりました。天候が回復すれば自動的に元の放送に戻ります
  • 一時的に電波が弱くなっている。アンテナの調整が正しくできているか、アンテナ線は正しく接続されているか
  • 天候など放送電波の受信レベルが下がってしまった場合
  • アンテナが強い風などで、向きが変わってしまったなど、外的要因で受信環境が変わってしまった場合
  • アンテナの向いている方向に、大きな建物が建設された、立木が生い茂って、見通せなくなったなどの場合
  • 接続状態が変わってしまった場合(お引越し等)

 3 弊社の経験

 これらを整理すると、「電波の問題」と「受信システムの問題」になります。また、具体的には「受信システム」は「アンテナ」「同軸ケーブル」「コネクター」等の機材と、「設置場所」や「設置・工事方法」等に問題があることがわかります。

 弊社では、現場、電話およびメールなどで、上記以外にも色々な原因が有ることを経験しています。ここで経験した事例のほとんどは、受信者宅の「受信システム」に関係する事柄で、工事不良などが多く見受けられます。いわゆるナンセンスコールの主な原因となっています。

 アンテナの設置方法は、アンテナの高さ・位置などの不適正が多い。設置後の周辺環境、建造物、季節の変化に伴う変動など。地デジ電波には約50cm間隔で電波の「山」と「谷」と「流れ」があります。  電波の山を探す事、また変動の少ない位置に建てることがポイント。また自然界の影響も受けます。受信工事は「マージン(電波のゆとり)」をもって丁寧な工事を心がけたいものです。

次に、それらを整理しましたので、参考にしてください。


 電波関係[放送局、送信側]
  • 放送機(送信機)の定期整備の時
  • 事故による停波 (停電、送信機故障、電源設備故障など)
  • 中継局送信アンテナへの着雪、など

※ 特に関東周辺では、次の症状が発生しています。
 ○ ブースター使用による電波過大入力 「地域による」
 ○ アンテナ方向(指向特性)による入力レベルの極端な低下 「地域による」


 電波関係[伝搬路]
  • 同一チャンネル混信 (近隣開設局のSFN・異番組など)
  • 受信障害 (電気的雑音、建造物による障害、マルチパスなど)
  • 地形による遮へい障害
  • 電波到来方向の不特定建造物群による受信レベルの低下
  • 反射電波受信時の周辺環境変化
  • ケーブルテレビ電波漏洩による長遅延障害

 電波関係[伝搬路(気象関連)]
  • フェージング、ダクト、逆転現象、大気、などによる受信レベルの低下及び変動。
    海上・陸上伝搬路で発生しやすい地域がある。
  • 着雪、樹木が雨に濡れる事による電波減衰

 受信アンテナ[一般的事項]
  • アンテナマスト倒壊(強風・腐食、風の振動による止めねじ緩み落下)
  • アンテナエレメント破損(腐食、鳥類による曲がり)
  • アンテナ全体の老朽(落下、腐食、導波器接続部断線・浸水等)
  • アンテナ設置方法の誤り(方位の誤り、偏波面の誤り)
  • アンテナ工事方法の誤り(支線引っ張り不足による大きな揺れ)

 受信システム[屋外]、[マストブースター]
  • ブースター故障、異常発振
  • ブースター電源断の原因
    • 電源部コンセント抜け、ブレーカー断
    • 「電源部〜ブースター」伝送用機器の接触不良・浸水、分岐・分配器の故障、F型コネクタの芯線引っ込み、長すぎ
    • 電源伝送用壁面端子の接触不良、コネクタの芯線引っ込み、コネクタのゆるみ
    • 「電源部〜ブースター」伝送用ケーブル断線、ショート
  • ブースター入力切り換えスイッチの間違い
  • ブースター利得不足 (GCボリューム絞りすぎ、内部アッテネータの入れ過ぎ)
  • ブースター利得オーバー (GCボリューム上げすぎ)
  • 前置ブースターが有り、2段目メインブースター入力による利得オーバー
  • ブースターBS・CS利得オーバーが地デジ電波を抑圧(BS・CS GCボリューム下げる)

 受信システム[屋外]、[ブースター以外]
  • 「アンテナ〜混合器〜ブースター〜軒先引き込み」間のケーブル断線・ショート
  • 混合器、ブースターの入出力コネクタの外れ、芯線引っ込み
  • 混合器、ブースターの入出力接続個所の接触不良、腐食、浸水

 受信システム[屋外]、[同軸ケーブル]
  • 同軸ケーブル断線、「イモ繋ぎ」などの設備不良による
  • 同軸ケーブルの中継コネクタ接触不良(浸水、芯線引っ込み)
  • 同軸ケーブルのアルミネートパイプの亀裂、紫外線による劣化
  • 同軸ケーブルの特性不良

 受信システム[屋外]、[接続部分]
  • コネクタ部分の外れ、ゆるみ、ショート、風の揺れで接触不良
  • コネクタ部分の芯線引っ込み(面より5mm以上引っ込むとNG)長すぎるとショート
  • コネクタ内部やオームバンド編祖線(ヒゲ)でショートなど

 受信システム[屋内]、[卓上ブースター・屋内ブースター]
  • ブースター故障、異常発振
  • ブースター電源断
    <マストブースターとほぼ同様の現象が起こる。>

 受信システム[屋内]、 [テレビ端子〜ビデオ・テレビ間](一番トラブルの多いところ)
  • 各コネクタのゆるみ
  • 壁面端子ケーブル外れ、コネクタの芯線引っ込み、コネクタの接触不良
  • 「壁面端子〜分配器等〜ブルーレイ等〜テレビ」間のケーブル断線、ショート
  • 「壁面端子〜分配器等〜ブルーレイ等〜テレビ」間の接触不良(芯線引っ込みを含む)
  • 分岐器の入力端子とBR端子の接続間違い
  • 分波器出力の地デジ端子とBS端子との接続間違い

 テレビ受信機とその周辺配線
  • テレビ受信機アンテナ入力端子の接続間違い(地デジ端子とBS端子等)
  • テレビ受信機のチューナー部分の故障
  • DVDプレーヤー経由接続の場合、各機器内部の故障、各機器間の接続不良・間違い
  • テレビ受信機制御部のハングアップ (テレビの中はコンピュータ制御されている)
  • CATVの周波数変換方式よりパススルー方式を追加したケーブルテレビ受信から個別受信への切り替え(要 初期チャンネルスキャン)
  • トラブルの原因の約60%は「テレビ端子〜テレビ」間にある(弊社トラブル事例より)
  • 転居による受信局変更を要する時(要 初期チャンネルスキャン)

 上記以外の原因もあるかもしれません

 弊社で経験した「E202エラーメッセージ」の例だけでも、以上のように多種多様の障害原因があります。 さらに、お客様のお住まいの環境などにより、ますます複雑になりますので、お電話やメール等、お問い合わせ頂いても適切にお答えする事ができません。 (当社は民間会社で、マンションなどの共同受信施設の専門業者ですので、基本的に相談業務だけのお電話、メール等はご遠慮頂いております。悪しからずご了承ください。)

 これらを参考に、ご自身でチェックされるか、ご購入の電気店などにご相談くださるようお願いいたします。マンションや賃貸住宅の場合は管理者様へご相談ください。
手を尽くしたが解決しない、集合住宅で全戸が悪い等はご相談ください。お見積させて頂きます。

お問い合わせはこちらよりお願いします。 お問い合わせ

 なお、弊社と「定期的なアンテナ点検サービス」をご契約頂いているマンション様は、ご遠慮なくお電話をください。直ちに対応させて頂きます。

▲ページの先頭へ


365日カスタマー対応
緊急修理なら、受信サービスへ!