受信サービス株式会社

集合住宅のテレビ共同受信設備の工事は当社まで
☎03-3821-3231
ホーム > 4K・8Kの導入

4K・8Kの導入

現在放送されている4K放送は、2018年12月から放送が開始されたBS・110度CS放送の新4K8K衛星放送(日テレ、WOWOWは後日放送開始)と、CS放送事業者のスカパーJSAT株式会社のプレミアムサービス(124/128度CS放送)・プレミアムサービス光(光回線)と、一部のケーブルテレビとIPTV(ひかりTVなど)になります。

新4K8K衛星放送は、従来のBS帯域(右旋)と、新しいBS・110度CS帯域(左旋)が使われます。特に、110度CS(左旋)の電波は今まで全く使われていない非常に高い周波数(3.2GHz)を初めて使うため、どこのマンションでも新4K8K衛星放送が伝送できるかは未知数です。

もちろん、最近建築されたマンションは新4K8K衛星放送に対応した設計がされていますが、総務省の資料によると4階以上の集合住宅の70%以上が現在の設備に何らかの改修が必要になると提言されています。

テレビの出荷予測によると、地上デジタル放送の開始や家電エコポイント、さらにアナログ放送の終了に伴いテレビの買い替えのピークは2011年でした。

テレビの平均買い替え年数は9年である事から、ちょうど2020年オリンピックの年には次の買い替えの時期に該当します。(この頃のテレビは、4Kもしくは8Kテレビが主流となり、従来型のテレビは無くなっているのではないでしょうか。)

これらに対応するためには、「新4K8K衛星放送に向けた改修」を考慮する必要があります。近づくオリンピック、平均買い替え年数9年も迫っています。このため、今、新4K8K衛星放送の電波が伝送できるようにしておく事を、強くお勧めします。

集合住宅における改修工事の検討

◆従来帯域(2150MHz)
従来帯域で放送されている4K放送は、BS・110度CS(右旋円偏波)に対応している物件では、大幅な改修などせず受信対応出来ると考えられます。(チャンネル数が増える事による増幅器出力調整や増設が必要となる場合がある)各住戸では、BS 4Kチューナー内蔵テレビがあれば、接続して直ぐ視聴可能となります。

◆新帯域①(2681MHz)
パラボラアンテナは、右左旋円偏波受信対応へ交換が必要となります。集合住宅内の混合器、分岐・分配器、増幅器、各住戸のテレビ端子まで全て2681MHzの伝送に対応する機器へ更新し、伝送路電波伝送計算も端末で受信に必要な規定値を満たす設計が必要となります。

◆新帯域②(3224MHz)
上記新帯域①と同様に、3224MHzの伝送に対応する機器へ更新と、最適なシステム設計が必要となります。新帯域①より高い周波数の伝送となるため、伝送路損失量が更に多くなります。また、伝送路損失により帯域偏差(チャンネル同士のレベル差)も大きくなるため、伝送路の設計は光ファイバー化などを含めた検討が必要となります。

集合住宅の新4K8K衛星放送の対応化

集合住宅では、テレビ共同受信設備のアンテナ、増幅器、分岐・分配器、テレビ端子、同軸ケーブル、コネクターなど全てのシステムが、3224MHz帯域に対応する必要があります。

従来の帯域と違い、高周波帯域となるため伝送路のケーブル長が長くなると伝送できない可能性もあります。 オール光ファイバー配線や、光ファイバーと同軸ケーブルによるハイブリッド構成などにする事により、解決するでしょう。

弊社では、光ファイバーによるシステム構築の実績もありますので、新4K8K衛星放送の導入にお困りの際はご相談ください。確実に全戸に新4K8K衛星放送をお届けするご提案をさせて頂きます。

4K放送に対応する集合住宅のテレビ設備のお話

◆4K放送は、従来のハイビジョン(2K)放送の替わりでは無く、従来放送をより高画質・大画面で視聴したいかた向けの付加価値サービスです。

ハイビジョン(2K)放送は従来どおり残りますので、新たな導入工事は必要ありません。しかし、BS放送もデジタル化しアナログ放送の開局時から29年を経て徐々に普及し、現在では集合住宅のインフラとして標準となりました。

BSデジタル放送の視聴可能世帯数は、公表資料では4000万件ほどと言われております。BS放送の開始当初は、富裕層を中心にテレビの買い換え時にBSチューナー内蔵テレビを購入される方がチラホラ出始めました。当時は番組数も少なく、大型マンションでも数件の視聴者だったため受信希望者はベランダにパラボラアンテナを取付し個別受信していました。BS放送視聴ニーズが、まだ低かったため、BS放送のテレビ共同受信設備化は、なかなか進められませんでした。

しかし、テレビ買い換えのタイミングで徐々にBSチューナー内蔵テレビが普及し始め、テレビ共同受信設備に導入されるようになりました。4K放送に当てはめて考えると、地デジ化が始まった2003年に地デジチューナー内蔵テレビを購入された方は、今年で16年目です。当時のテレビは高額で1インチ1万円以上で販売されており32インチが40万円前後でした。しかし、今、量販店に行くと50インチクラスの4K対応テレビが8万円台から購入できます。

よって、東京オリンピックが開催される2020年頃までには、4K対応のテレビは急激に普及すると思われます。4K放送の視聴ニーズはコンテンツに依存する部分もありますが、お住まいの方の多くが、4K対応テレビを所有されている集合住宅になると、テレビ共同受信設備の4K放送対応化の設備改修のニーズも増えてくるでしょう。

4K・8K放送の普及イメージ

地デジが開始された2003年頃にハイビジョンテレビを買い換えられた方が16年を経過しテレビの更新時期に来ております。当時、1インチ1万円以上したテレビは、32インチで40万円前後で販売されていました。しかし、現在、量販店で4K対応テレビを見ると50インチで8万円台から販売されています。

2020年の東京オリンピックに向けて、あと1年。一般的なテレビ更新の方以外にオリンピックを高画質で視聴するニーズなどが普及スピードに拍車をかける事となるでしょう。

テレビ共同受信設備の新4K8K衛星放送対応化 基本編

◆従来のBS・110度CS右旋偏波(2150MHz)の受信システムでは、新帯域で開始される新4K8K衛星放送の伝送に対応出来ません。

BS・110度CS右左旋偏波(3224MHz)の受信システムを構築していく必要があります。アンテナの他に、混合器、分岐・分配器、増幅器、各戸のテレビ端子まで、3224MHzの伝送対応機器へ交換が必須となります。また、周波数が高くなることで、伝送路の同軸ケーブルでの電波減衰が多くなるため、増幅器の増設や幹線の光ファイバー化などが必要となります。

従来設計のまま新4K8K衛星放送の対応は困難

◆従来設計では、2150MHzまでの伝送システムでした。

しかし、新4K8K衛星放送では、3224MHzの伝送仕様でシステム構築を行うため、追加された帯域の電波減衰を補償するシステムへの設計の見直しが必要となります。下記の集合住宅例のように、増幅器の台数を増設するなどの改修が必須となります。

新設計でオール光にすると

◆同軸ケーブル使用時の設計では、伝送路の電波減衰が多くなり、建物によってはシステム設計が困難となります。

増幅器を増設すると設備維持費の負担も多くなります。ここで紹介する光配線方式では、電波の減衰がほとんど無いため、システム設計にゆとりが出来ます。建物のヘッドから各住戸に設置する光受信機まで、光ファイバとなり中間に機器が無いため、設備維持費も大幅に削減できます。また、光ファイバーを各住戸まで引き込むことで、将来の拡張化などでも幹線部の汎用性は高くなります。現時点の設計では、光配線方式:FTTH(Fiber To The Home)設備が最新となります。

貴マンションの共同受信設備は?

お住まいの共同受信設備の既存システムは、下記のどれに該当しますか?
現在の状態によって4K・8K化の検討方法が違ってきます。

  1. 地デジのみ・・・770MHz
  2. 地デジ+BS・・・1335MHz
  3. 地デジ+BS+スカパーの一部・・・1895MHz
  4. 地デジ+BS+スカパー(110度CS右旋)・・・2150MHz ※注1
  5. 地デジ+BS+スカパー(110度CS右旋)+110度CS左旋・・・2602MHz ※注2

※注1 BS右旋 7ch・17ch(BS拡張)は4K放送に使用されています。
 注2 110度CS左旋帯域は、4K・8K放送に使用されています。

貴マンションの「施設」と、保管されている「テレビ配線図」を拝見すれば、新4K8K衛星放送対応のおおよその判断ができます。

以前、弊社でお伺いしたほとんどのマンション等は、施設内容の記録を残していますので、新4K8K衛星放送の受信が可能か否かを判断できます。 また、初めてご連絡を頂いたマンション様については、管理事務所にある「テレビの配線図」と「既存の設備」を拝見させてください。 ※必要に応じて、理事会や理事長様に提出する「報告書」を作成いたします。(有料)

以上のお問い合わせや図面調査の結果、
・伝送の可否が判断できない
・伝送が可能であっても、前回調査から年数を経過している など
これらの場合は、現地での「ケーブル伝送テスト」(同軸ケーブルの使用可否判定調査)をおすすめします。(有料)

  • 弊社では、これまでに行ったケーブル伝送テスト(業界最多数の約3,000サンプル以上を実施)を元に、同軸ケーブルの製造年月日・製造メーカーなどを基本として、マンションの4K・8K化の正確な判定調査を実施しております。(費用を抑えた簡易な診断方法も実施しております。)

  • ケーブル伝送テストイメージ

伝送テストを実施すると利用出来る同軸ケーブルが判定できます

◆お部屋内のテレビ端子まで接続されている同軸ケーブルは、出来れば利用したいものです。伝送テストを実施することで、既存同軸ケーブルが最新サービスに対応出来るかチェックする事ができます。

  • ○ 同軸ケーブルの特性試験の必要性

    ☞ テレビ共同受信設備に、4K・8K放送を導入するときには、電波が確実に伝送できるか、事前に調査しておくことが重要です。(同軸ケーブル伝送テスト)

    ☞ 抜き換えが出来ない場合は、増幅器や分岐・分配器のみを交換しても同軸ケーブルの特性が悪いため、受信品質が劣化したり、4K・8K放送の受信に不具合が発生することが考えられます。その他、同軸ケーブルから電波が漏洩し他の通信(Wi-Fi等)に影響を与える事があります。

    ☞ 同軸ケーブルは、外観上で良否判定は出来ません。同軸ケーブルの性能が悪いと、デジタル放送ではブロックノイズが発生したり、受信不能になることがあります。



    ○ 同軸ケーブルの伝送テスト
    テレビ共同受信設備の同軸ケーブルが4K・8K放送に対応しているか、トラッキングジェネレ-ター付きスペクトラムアナライザーを用い特性試験(3224MHz)を実施、導入判定を行います。

弊社独自の同軸ケーブルの伝送テスト

○ 最近、簡易な伝送テストを行うための発振器が市販されています。
 ・この測定方法は、下の左図に示す帯域内の3ポイントのみ測定し、全帯域を推定します(点線)
 ・この方法では、下の右図のように測定ポイント以外の同軸ケーブルの異常を発見することはできません。

弊社では、特別な発振器を持つ測定器(TG機能)を使用し、下の右図に示すように精密な測定を行って、4K・8Kテレビの導入判定をしています。

ページのトップへ戻る